HOME > 産業用太陽光の仕組み



産業用太陽光発電システムってなに?住宅用と何が違うの?産業用太陽光発電システムを導入するメリットってなに?

などのちょっとした疑問を簡単にご説明させていただきます。




 産業用太陽光発電システムとは、太陽光発電の発電量が10kw以上のシステムのことをいいます。

 主に工場の上など大きな屋根の上などたくさんの太陽光パネルが乗せれる場所に設置します。

■産業用太陽光発電システム導入事例

 

 



  公共施設・産業施設へ太陽光発電を導入することによる様々な経済的・社会的効果に期待が集まっています。



 太陽光発電は設置後の発電のために燃料を必要とせず化石燃料を燃やさないことでCO2排出量の削減ができます。

 また企業における地球環境保護活動だけでなく、学校教育においても環境への取り組みや教育は必須の活動となっています。

 太陽光発電システムの設置は業種を問わず環境への取り組みをわかり易く示すための絶好のアピールにもなります。



 発電した電気をすべて電力会社に売ることができます。

 発電した電気は固定価格で買い取ってくれると国が保証してくれてるので、産業用太陽光発電は安心で安全な投資先となり

 投資目的で設置する企業などがたくさんいるのが現状です。

 売電価格・売電期間は、国が保証する 固定価格買取制度 で決められています。
  

詳しくは経済産業省のホームページでご確認下さい。